DV離婚の財産分与をしてもらうには弁護士に依頼する 離婚が先か財産分与が先か

離婚・DV

DV別居から、もうすぐ1年。

DV離婚から、もうすぐ半年になります。

やっと、財産分与の調停です。

調停、何をするんだろう?どうなるんだろう?

私に有利になるのかな?

と、不安です。

今回は、DV離婚で財産分与をしてもらうためには、離婚が先か財産分与が先かについてまとめてみました。

スポンサーリンク

DV離婚の財産分与について弁護士に依頼する

DVで、逃げ出した場合、とりあえずの安全の確保が大事です。

まずはシェルターに入ることになると思いますが、いずれは出て行き、生活をしなくてはなりません。

何も持たずに出てきた場合は、いったんは生活保護になるかと思います。

でも、家に財産がある場合は?

結婚してから築いた財産は、夫婦二人のものです。

もし、夫の名義になっていたとしても、分けてもらう権利があります。

通常の場合は、嫌ながらも話し合うということができるかもしれません。

でも、DVの場合は、居場所を知られては困ります。

また、相手に会ったり、話したりするのは恐怖です。

そこで、お金はかかりますが、弁護士さんにお願いせざると得ません。

収入がない、低い。

貯金がない、少ない。

といった場合には、「法テラス」の利用ができます。

費用も、通常より安くすみ、また、支払いも分割にしてもらえたりします。

私の場合は、貯金を持ち出していたので、「法テラス」にはお願いできませんでした。

市役所の婦人相談員の方が調べてくれた事務所に行き、そこで弁護士さんにお会いして、その方にお願いしました。

前にも書いたんですが、弁護士事務所には市役所の相談員の方も同行してくれたので、安心でした。

そこの事務所は、市役所にパンフレットを置いているところで、多分、良心的な値段なんだと思います。

私は、学生時代に法律事務所でバイトしていたことがあります。

とても儲かっていて、調べたら、昔よりいい場所に大きな事務所を構えてました。

そこと比べると、いたって普通の事務所だと思います。

弁護士さんも、華美な服装ではないですし。

持ち物(筆記具など)も、普通の事務用品です。

バイト先だった事務所の弁護士さんは、もっと高価なものを使ってました。

弁護士さんとの相性は、私にもまだよくわからないところがあります。

でも、言えるのは、あまり派手派手しいというか、華美なところは自分は苦手だなと思い。

そうではない事務所や、弁護士さんにお願いすることになったのは、よかったなと思います。

自分の価値観に合った弁護士さんが見つかるといいですね。

お金がない場合は、とにかく「法テラス」です。

「法テラス」が近くにない場合も、DVが理由なので、婦人相談員の方に同行してもらうなどして、料金の分割や財産分与後の支払いにしてもらう。

 などの対応をしてくれる事務所もあるかもしれません。

必ずあるとは言い切れなくいですが、自分で交渉するのは危険なので、弁護士さんを間に挟むしかないのです。

弁護士探しも、行政が力を貸してくれます。

手助けがあるので、上手く活用してください。

DV離婚する場合は離婚が先か財産分与が先か

これは、シェルターの隣にある女性センターで聞いた話です。

スポンサーリンク

DV離婚する場合、先に財産分与してもらわないと、もらえるものがもらえない場合があるそうです。

普段から、財産を均等に分けて持っていればいいのですが、給与が夫の口座に入る場合、どうしても夫の口座に多く現金が入ってしまいます。

また、不動産などがあれば、夫名義になっているかも。

財産を持っている側からしたら、離婚してしまえば、知らぬ存ぜぬを通せる。

しかも、相手は自分から逃げ出したわけだし、追ってはこないだろう。

と、思われてしまう。と、女性センターで聞きました。

また、結婚した状態だと、生活費を要求することができます。

これは、自分で要求しても通らないかもしれないので、やはり弁護士を立てる必要があるかもしれません。

自分で要求するのは、怖いですしね。

私の場合は、夫の収入が少なかったので、この費用はもらえませんでした。

夫の収入の額にもよりますが、もらえるものは、きちんと要求しましょう。

先走って離婚してしまうと、財産分与で不利になるかもしれない。

と、女性センターで強く言われました。

私はなぜ財産分与より先に離婚したのか

私は、財産分与より先に離婚しました。

それは、夫が借金を重ねており、夫婦の財産は別という法的な扱いがあるとはいえ、とばっちりがくるのが怖かったからです。

また、運よく、預貯金を持ち出せたので、私が財産分与する側だったからです。

預貯金が持ち出せればいいのですが、実際問題、DVを受けていて、自分の口座にお金を沢山入れるのは難しいと思います。

経済的なDVですと、そもそも、生活費すらまともにもらえない場合もあります。

もし、自分が財産を持っていなかったら、私はどうしたかな。

仮定でしかないのですが、離婚は後にしたかもしれません。

お金を持っていなかったら、即、生活保護だったと思います。

最初に買った家電や、少し贅沢をした寝具類は買えなかったかもしれない。

部屋を探すのも、もっと苦労したかもしれない。

そう思うと、よく預貯金を持ち出せたなと、がんばったなと思います。

もしも、自分名義の預貯金があれば、可能であれば隠し持って家を出てください。

これは、余裕がある場合です。

命に関わる場合は、そんなことは言ってられません。

とにかく、逃げるが先です。

前にも書いたんですが、110番すれば、警察が来てくれて、緊急でシェルターに入れる可能性もあります。

私は、そのルートでシェルターに入りました。

できれば、前もって女性センターや市役所の婦人相談などで相談して、準備して家を出られとスムーズだと思いました。

DV離婚の財産分与をしてもらうには弁護士に依頼する 離婚が先か財産分与が先かのまとめ

DV離婚の財産分与をスムーズにするためには、お金はかかるけれど、弁護士に頼むのがベターだと思います。

「法テラス」を使えば、費用的に安く押さえられ、支払いを分割にする対応をしてもらえることもあります。

支払いの分割については、市役所の相談員の方から聞きました。

財産分与をしてもらう側だったら、離婚より先に財産分与してもらった方がいいと、女性センターで聞きました。

結婚している間は、生活費を夫からもらうことができます。

でも、何より、命の安全あってのことです。

とにかく、命と、心身、今後の生活を守って欲しいと思います。

おしまい

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました